2005年07月29日

北前船のロマンを追って17 ヨットは、襟裳から恵山へ

北前船17

北前船の航路をヨットで航海している小坂さんからのメールが追加で入りましたのでご紹介します。昨日の続きです。

---------------------------------

苫小牧では観光も、と考えがあったのですが別の行事予定が迫っていたので、室蘭を飛ばして函館へ向かうことにしました、天候にも拠ると思いますがこのあたりまで来ますとようやく夏らしくなりました。
 いっきに函館まで行けない距離ですが何しろ津軽海峡は5ノット近くの東進する海流があるとの事ですから大事をとり、恵山東側の椴法華港に入港しました、地元の方に車で温泉まで送ってもらう好意を受け恵山のすばらしい景観に見とれました。この続きは来週に続く…..
---------------------------------

画像は、小坂さん撮影です。

恵山は、あまり知られてませんが、とっても綺麗だったことを覚えてます。温泉があったと思います。100年前の北前船の人々も温泉などで、疲れを癒したのでしょうか?



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mtwindam/29183781
この記事へのトラックバック
近世前期においては、磁石が普及していなかったため(室町時代の遣明船で既に使用されてはいた)、一般廻船(菱垣廻船や北前船など)は前回ご紹介した地乗り航法で航行したので、通常多大の航海日数を要しました。しかしながら、近世中期以降になると積荷商品の増大並びに流
和船(近世廻船)の航海術〓【海事博物館ボランティアあれこれ】at 2005年07月31日 09:50
この記事へのコメント
小坂さんHPを拝見しました。メールが登録されていないようなのでここに書かせていただきます。
お久しぶりに声も聞きましたがまるで25年前と変わらないですね。夢
のあるHPでちょっと血が騒ぎました。僕はまだパソコンがわからないことだ
らけですがいずれきちんとしたHPにしたいとは思います。昨年はほうき星号を陸に揚げっぱなしであったことが幸いして台風の難を逃れたようなものです。生涯現役のご様子を聞いてうれしくなりました。金沢にもハルロスさんみたいな人が・・・と。またよろしくおねがいいたします。 グリーンノート(環境食養研究所)& 土の音工房(アトリエ クレイトーン)
Posted by 上村あきら at 2005年12月15日 19:42